相続をするというと、とてもいいと思いがちですが単にお金が入ると思うととんでもないことになります。その一つに、お金ではなく不動産の場合は、その不動産を分けることができないので、誰が不動産を相続するのか、その後の代償金についてもめることになります。不動産の価値があるほど、そのことが難しいです。

私の母親も多くの相続人との話し合いの中で、不動産を誰が相続するのかかなり時間がかかりました。その時、弁護士さんが入るとまた状況が違っていたのかなと思うことがあります。弁護士さんに依頼をすると、母親の相続分が増える、または簡単に分けることが出来るなど、そんな感じになってたと思うのです。

話し合いは、何度も行いその結果、母親が相続をすることになりました。すると、その代償金を支払うことになりそれでも相当大変でした。不動産の相続は、もめることが多いです。不動産をそのまま残すのは、相続人の中でもめる元だと思ったりしています。

Similar Posts